防風通聖散のメカニズム@脂肪の中にある細胞に作用

防風通聖散の効果や副作用
  • HOME
  • 防風通聖散のメカニズム@脂肪の中にある細胞に作用

防風通聖散のメカニズム@脂肪の中にある細胞に作用

防風通聖散のメカニズム@脂肪の中にある細胞に作用し、脂肪を分解・燃焼。A食事で摂取した脂質の吸収を抑える。B便通と一緒に脂質と便を出す。


防風通聖散とは肩こりやのぼせに用いる漢方薬。



防風通聖散の働きは体の熱を冷まし、体の循環機能をよくさせ、便秘を解消させます。

便秘、肩こり、腎臓病に効く。防風通聖散には以下の成分が入っています。防風(ボウフウ)黄ごん(オウゴン)大黄(ダイオウ)芒硝(ボウショウ)麻黄(マオウ)石膏(セッコウ)白朮(ビャクジュツ)荊芥(ケイガイ)連翹(レンギョウ)桔梗(キキョウ)山梔子(サンシシ)芍薬(シャクヤク)当帰(トウキ)川きゅう(センキュウ)薄荷(ハッカ)滑石(カッセキ)生姜(ショウキョウ)甘草(カンゾウ)次の人は医師または薬剤師に相談すること。



妊娠しているまたは妊娠予定。発刊症状が著しい人。


腎臓病、甲状腺機能障害。



生漢煎[防風痛聖散]は原生薬を最大量27.1g配合した「満量処方※」の漢方薬です。
脂肪を内側から分解・燃焼・排出促進により、肥満症や便秘を改善します。【重い副作用】 偽アルドステロン症・・・だるい感覚、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足の痛み、筋肉の緊張、低カリウム血症。

間質性肺炎・・・から咳、息苦しさ、運動すると息切れ。肝臓の重い症状・・・食欲不振、皮膚が黄色くなる。



腸間膜静脈硬化症・・・便秘。


防風通聖散の注意事項としてエフェドリンやテオフィリンと一緒に使用することはいけない。
甘草を含んでいる飲むのも偽アルドステロン症の副作用を注意。
Copyright (C) 2014 防風通聖散の効果や副作用 All Rights Reserved.

Page Top